社会保険労務士とは

イメージ

社会保険労務士は、労働・社会保険、人事・労務管理を専門に扱う国家資格者です。
労働・社会保険の手続き業務を基本とし、就業規則の作成、人事・賃金制度や退職金制度の設計、給与計算の代行等、従業員の採用から退職までの労働および社会保険に関する諸問題、さらに老後の年金を含む生活設計や介護の相談に応じる「人」に関するエキスパートです。

にせ社労士にご注意ください!

労働社会保険に関する申請書等の作成及び届出の業務や労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類の作成業務などについて、業として行えるのは社会保険労務士法により国家資格を付与された社会保険労務士だけです。
国家資格者である社会保険労務士は、身分を証明する社会保険労務士証票及び都道府県社会保険労務士会会員証を所持しています。

なぜ、社会保険労務士に依頼するのか

イメージ

企業は日々の経営活動において、さまざまな課題や問題を乗り越えながら発展を続けます。
中でも、社員に関する人事・労務、雇用の問題はそのウェイトも高く、経営活動において決して避けては通れない重要な問題であります。
しかし、経営者自らがこの労務管理に関する諸問題の解決のために多くの時間と労力を費やすことは、本業である企業経営に悪影響を与えかねません。また、近年の労使を巡るトラブルは非常に複雑化してきており、専門知識を有していないと太刀打ちできないようなケースも数多く見受けられます。更には、最近の労働・社会保険制度の改正は目まぐるしいものがあります。つい先日まで当たり前に行っていた事務処理が、気が付かないうちに誤っているということも十分考えらるのです。

これらの問題は、労務管理の専門家である社会保険労務士に業務委託することで解決することができます。

社会保険労務士に委託するメリット

企業経営者に専念
複雑かつ多岐にわたる労働保険・社会保険の事務手続きから開放され、本業に専念できます。
円滑な企業経営
法令改正や労務管理に関する最新情報をいち早く手に入れることができ、コンプライアンス経営の確立につながります。
人件費コストの軽減
社内に固定要因を抱えるよりも安い金額で外部委託する方が、給与や福利厚生等の人件費削減につながります。
適切なアドバイス
専門家による適切なアドバイスにより、諸問題を迅速かつ的確に処理することができます。

倉地社会保険労務士事務所では、お電話でのお問合せの他、面談でのご相談も随時受け付け致しております。面談ご希望の方はご予約の上、ご来所下さい。(駐車場完備)来所予約は、092-210-6641へご連絡下さい。

TEL:092-210-6641
お問合せ・ご相談