就業規則の新規作成・改定

学校に校則、スポーツにルールがあるように、会社にもルール「就業規則」が必要です。
ルールがはっきりしていない会社では、社員は不安や不満を抱え、トラブルが発生するリスクが高くなります。

こんな企業様は就業規則の作成・変更をお勧めいたします

  • 就業規則の本やひな形をそのまま使っている
  • 同業他社(特に大手企業)からもらった就業規則を使っている
  • 昔作った就業規則があるが、何年も見直しをしていない
  • 最新の労働基準法、労働契約法に基づいているか心配だ
  • 優秀な社員がなかなか定着しない
  • きちんと会社の規則を定め、社員の意識を高めたい

就業規則の作成方針

就業規則の見直し(または新規作成)を決意し、いざ専門家に依頼しようとした時に、どこに依頼するかが重要です。 もちろん、労務管理の専門家である社会保険労務士に依頼するのがベストと言えるでしょうが、社会保険労務士に依頼する場合であっても、社労士によって、得意・不得意もあれば作成の手順、金額も様々なのです。 会社は、人事・労務管理上の様々な課題を抱えています。しかし、すべての会社がまったく同じ課題を抱えているとは言えません。つまり、その会社の実情に合った就業規則や諸規程を作ろうと思えば、専門家であってもノウハウを必要とし、それなりに手間・ヒマを掛けなければ満足いくものは作れません。

弊事務所では事業主様と実際にお会いして、綿密なヒアリング及び打ち合せをさせていただき、個々の企業様の状況に応じた、オリジナルの就業規則を作成させていただきます。

※すべての社労士が、就業規則の作成ノウハウを持っている訳ではないのです。
付加価値のない就業規則に高いお金を払っていませんか?!

社員のモチベーションを上げる就業規則

サービス残業や解雇、セクハラ・パワハラなどでトラブルが起きると、社員さんは労働基準監督署へ相談に行きます。会社には労働基準監督署の調査が入り、必ず就業規則や労働契約書の提示を求められます。その際に就業規則や労働契約書がなかったり、実態と合っていない雛形を使用しているとどうなるでしょうか?
労働者には「労働基準法」という労働者保護のための法律がありますが、会社は何もなしで争うこととなります。会社の主張はまず通らないでしょう。裁判になれば膨大な時間と金銭的ダメージとなります。最悪の場合、会社の存続も危うくなるかもしれません。

そこで、リスクを回避する就業規則を作成することで問題社員のトラブルの未然防止や、万が一、トラブルが発生したとしても、かなりの部分で会社を守ることはできます。
問題社員対策として、就業規則の役割は重要と考えます。

しかし、リスク回避に偏り過ぎた就業規則で本当に良いのでしょうか?

会社には多くの頑張っている社員さん、優秀な社員さんがいます。どちらかというと、問題社員はごくわずかのはずです。問題社員へのリスク対応だけを考え、労働者を必要以上に規制した就業規則を見た社員さんは、不快と感じる方もいるかもしれません。
会社はそんな意図はないのに、「会社は社員を必要以上に利用しようとしている」などと思われたら、これまでせっかく築いてきた人間関係に溝が入りモチベーションも低下してしまいます。
「働きやすい会社にしたい」「大したことは出来ないけれど、少しでも福利厚生面を充実させたい」という中小企業の社長さんの思いが伝わるような就業規則を作成しましょう。

就業規則作成の流れ

通常、新規作成の場合、初回訪問から完成まで3ヶ月から6ヶ月の期間で行います。
なお、スポットでの条文変更等の場合、1回のご訪問で完了する場合もあります。

料金

新規作成
216,000円 ~

※就業規則の新規作成コンサルティング契約は、3ヶ月~6ヶ月のスポット契約を基本とします。

改定
32,400円 ~ (改定内容の程度により異なります)
従業員説明会
1回 108,000円~ (「就業規則ハンドブック」を含む)

各種社内規程の作成

就業規則の他にも、数多くの社内規程を作成しております。
特に中小企業においては、社内規程の不備により発生するトラブル(情報漏えい・使用者責任・安全配慮義務違反等)がその後の企業経営に大きな影響を与える可能性があります。
トラブルが起こった後では手遅れです。事前に社内規程を整備しておくことをお勧めいたします。

主な社内規程

  • 賃金規程
  • 育児介護休業規程
  • 退職金規程
  • 契約社員就業規則
  • パートタイマー就業規則
  • 短時間正社員規程
  • 個人情報保護規程
  • セクシャルハラスメント規程
  • パワーハラスメント規程
  • 社有車管理規程
  • マイカー業務使用規程
  • マイカー通勤管理規程
  • 出張旅費規程
  • 慶弔見舞金規程

倉地社会保険労務士事務所では、お電話でのお問合せの他、面談でのご相談も随時受け付け致しております。面談ご希望の方はご予約の上、ご来所下さい。(駐車場完備)来所予約は、092-210-6641へご連絡下さい。

TEL:092-210-6641
お問合せ・ご相談